審査の基準

キャッシングローンを申し込むときに一番気になるのが、審査にとおるかどうかでしょう。
誰にでもお金を貸すわけにはいかないので、貸しても返してくれる人かどうかを審査するのでしょう。
あなたがローン会社だと考えたら、誰にでもお金を貸すのは怖いですよね。
ですからキャッシングローンに審査は必須なのです。
つまり、必ず審査にとおるという訳ではないのです。
ここではどうやったら審査を通りやすいのか見ていきます。
まずは、審査の基準を知りましょう。

 

一番ローン会社が気にするのは「収入」です。
返済能力があるくらいの収入がないと、会社は不安ですから。
しかし審査基準がオープンになっているわけではありません。
ローン会社が審査を公表すると、工作されるかもしれないので、そのへんは公表していません。
ここで書く審査にとおりやすいコツというのは、みんなの経験上分かったことをまとめたものです。

 

経験上、借入限度額はだいたい年収の10%程度と言われています。
しかし10%と言っても、年収が低ければ通りません。
年収が低いと限度額を下げても返済は難しいのではないのか、という判断です。
つまり貸し倒れのリスクが高いと判断されるのです。
また、年収が低いと他の会社でも借りてしまう「多重債務」になる可能性もあります。
ですから、多くのキャッシング会社の審査基準では、だいたい年収200が審査を通る通らないの目安と言われています。

 

たしかに、私の経験上、年収が360万あったころでも月末になると苦しくなって、銀行やクレジットカードのキャッシングを利用していたことがあるので、年収200万円となると、さらに苦しくなる局面があると思います。
しかし、年収360万円の私でも、20万円の借入金を完済するのに約2年かかりましたから、年収200万円以下の人が借入金20万円を完済するのは、3年以上かかるのではと思います。
かなり苦しいでしょう。
ですから、ローン会社の審査基準収入200万円というラインは妥当ではないでしょうか。
したがって借入時には、年収がわかる源泉徴収票などの書類が必要なのです。


収入以外でアピールすることは

年収が200万円くらいのぎりぎりのラインの場合は審査が通るか通らないか不安です。
でもプラスになるアピールポイントがあれば通りやすいです。
そのコツを見ていきましょう。

 

ローン会社は居住形態も気にします。
なぜなら家賃があるのとないのとでは、同じ収入でも余剰資金が違うからです。
一番高い生活費は家賃であることが多いので、その一番の支出がどれくらいなのかは、審査基準に入るでしょう。
ということは最も評価が高いのは家賃がかからない居住形態ということです。
つまり戸建の持ち家や分譲マンションなどです。
ただ、持ち家であっても購入したばっかりだと住宅ローンが残っているので、評価は微妙とのことです。
居住年数が長ければ、住宅ローンが残っていないかもしれないので評価は高いらしいです。

 

とくに持ち家だと、簡単に引っ越しをすることはまれなので、連絡が取りやすいというのも評価が高いです。
つまり、逃げる可能性が低いと言うことです。


関連ページ

申し込み手順
今月ピンチと感じたときのキャッシングの申し込み手順を初心者にもわかりやすく説明します。
申し込み方法
今月ピンチ!はじめてキャッシング入門。申し込み方法の主な流れ方法とは?店頭・無人契約機・ネット契約について解説。