申し込み方法 店舗・無人契約機・郵送

次に、具体的にそれぞれの契約方法の特徴を見ていきます。

 

まずは
店舗での契約と無人契約機での契約をひとまとめにして解説します。

 

・店舗と無人契約機での申し込みの特徴
店頭での申込利点は、何より担当者に直接わからないことを相談できることでしょう。
これは無人契約機でも同じで、オペレーターと直接会話できるので、いろいろわかりやすいです。
初心者はこの方法をとるべきだと思います。
のちのち分からないことがあって不安にならないためにも、すべての疑問はここで解消して起きましょう。
もっとも、分からないことはいつでも電話相談できますけど。

 

申込をしたら、その場で審査を待ちます。
そして貸出し可能と審査を通ったら契約成立となります。
契約後、すぐにカードが発行さます。
そしてすぐに店頭窓口か、もしくは併設のATMで現金を借り入れすることができます。
契約内容や返済方法についても質問したり、相談したりできますのですべて話しておきましょう。

 

 

・郵送での申し込みの特徴
必要書類のやりとりを郵送で行います。
完了するまで日数はかかります。
しかしお宅でじっくり貸出しを考察したいケースには最適です。
また付近にお店がないケースもオススメです。
地方の田舎などではありえますね。
それにPCや携帯電話の操作が得意でないという人も、郵送での申し込みはいいかもしれません。
その必要な資料を電話で取り寄せて、郵送で申し込むケースもあります。
まあ電話をするならそこで契約しろという感じもしますが・・・。
また街のいろんなところにも契約書類が置かれているのでそれを持って帰りましょう。


申し込み方法 インターネット

・インターネットでの申し込みの特徴

 

キャッシングのいいところは、ネットで単簡に申込ができるところです。
最近の技術の発展のおかげです。
ネットの発達によって申し込みや、借り入れが手軽になりました。

 

お店の人と顔を合わせずに手続きすることも可能なのがメリットです。
対面でお金を借りることに抵抗がある人は、今も昔も多いと想います。
忙しい方、近所にお店がない方、お店の人と顔を合わせたくない方などは重宝する方法でしょう。
画面上の申込項目に必要事項を記入して送信します。
すると審査が受けられ、貸出し可能かどうか応答を得られます。

 

本人確認の証明書を提出可能であれば、電話での申込のケース、店頭や無人契約機で契約するケース、契約書類を郵送でやりとりするケースと同じように契約となります。
ネットキャッシングなどの場合、本人確認書類や必要に応じて収入を証明する書類を郵送またはファクスすれば、ネット上で契約書類の手続きが可能場合もあります。
またスマホでは身分証明書を写メで撮って送信して確認してもらうという手もあります。
そのサービスによって異なります。

 

契約後はすぐにカードが発行され、ATM使用や銀行口座への振込で現金を得ることができます。
私の場合は、消費者金融のカードローンではありませんでしたが、銀行のキャッシングサービスでネット申し込みを利用したことがあります。
後日電話で職業や収入など確認されましたが、問題なくカードが届きました。


関連ページ

申し込み手順
今月ピンチと感じたときのキャッシングの申し込み手順を初心者にもわかりやすく説明します。
どうしたら審査を通る?
今月ピンチ!はじめてキャッシング入門。どうやったら審査を通りやすいのか、基準とコツを解説。