キャッシング申し込みのあれこれ

まずキャッシングの申し込み方法についてまとめておきます。
キャッシングの申し込み方法は多数あります。
ご自分に合った申し込み方法を選べるので便利です。
まとめてみましょう。

 

キャッシングの申込方法には、窓口・ファックスや郵便、ネット等と多様にあります。
同じサービスでも複数の申込方法から選択できるケースも多いので安心してください。
本人確認書類として免許証、健康保険証、パスポートなどが必要です。
また収入を証明する資料が必須になります。
必要書類は商品・借入希望金額、設定限度額などによって異なります。
ですからあらかじめ確認して準備することしておくと、手続きがスムーズにいくので無駄な時間をとる必要がなくなります。

 

店頭で直接や無人契約機で申し込めば、契約成立後すぐにそこでカードが発行されます。
店頭の場合はそこに併設のATMでお金をすぐに引き出して借り入れることができます。
一番早いです。
今すぐにでもという人は、少し電車で移動しなくてはいけないとしても、この方法をおすすめします。
とくにこのサイトをご覧になっている方は、今月ピンチ!という状況でしょうから、この方法をおすすめします。

 

電話やネットで申し込むケースは、カードが郵送されてくるのを待たなければいけません。
時間がかかります。
また郵送で書類をやり取りするケースもカードが送られてくるのを待たなければなりません。
郵送で送られてくる場合は、本人のみ受け取り可能というものですから、留守の場合は受け取れません。
不在通知が入っている場合は郵便局の窓口で受け取れます。
家族でも受け取ることが出来ません。


注意点

少し申込時と利用時の注意点を解説しておきます。

直接ATMから引き出す方法だけではなく、銀行口座への振込システムもあります。
インターネットでのサービスを同時に申し込んでおけば、パソコンやスマホから、いくら借りたいと入力すれば、即あなたの銀行口座にお金が振り込まれるというしくみです。
このシステムを申し込んでおけば、申込当日に資金を手にすることも可能です。
しかし、これはあまりにも簡単にお金を借りられるので、少し危機感が薄くなってリスクがあるかもしれません。
ネットの画面上での数字のやりとりだけになってしまします。
お金を借りているという自覚が薄くなるかもしれません。
気をつけましょう。
私は直接ATMから引き出した方が、いくら借りたんだという実感がわいてくるので、そちらの方法をおすすめします。

 

もうひとつ注意点があります。
キャッシングにおける最大の利用額、つまり限度額は「総量規制」によって、利用者の年収の3分の1までとなっています。
つまり年収の3分の1以上は借りられないということです。
消費者金融のローンで破産してしまう利用者が多かったので、法規制がかかったのです。
ですから、必要額だけ借り入れるようにしないと、限度額に達して、いざというときに借りられなくなってしまうので気をつけましょう。
キャッシングは、その使いかっての単純によって、カンニング竹山さんのようにキャッシュカードのように使う人もいます。
しかしローンですので、金利があり、借りた額以上のお金返済義務があります。
「ご利用は計画的に」ということです。


関連ページ

申し込み方法
今月ピンチ!はじめてキャッシング入門。申し込み方法の主な流れ方法とは?店頭・無人契約機・ネット契約について解説。
どうしたら審査を通る?
今月ピンチ!はじめてキャッシング入門。どうやったら審査を通りやすいのか、基準とコツを解説。