銀行カードのキャッシングとは

キャッシングにはクレジットカードだけでなく、銀行のカードに付属しているものもあります。
銀行によってはATMで使うキャッシュカードに、現金借入サービスのキャッシング機能を付与できるところがあります。
これもキャッシュカードを作るときに、追加で申し込み用紙に記入すると付け加えることが出来ます。
クレジットカードと同じ原理です。

 

この銀行のカードキャッシングのクレジットカードキャッシングよりも便利なところは、ATMの数が多いところです。
クレジットカードのATMは大きな街や駅にしかなかったりします。
しかし、銀行のATMなんてどこにでもあります。
最寄り駅や会社の近所にある銀行でキャッシュカードを作るでしょうから、そこでキャッシング機能を付け加えておけば、ピンチの時に借り入れすることが出来ます。
クレジットカードのキャッシングでは、お出かけ中に急にお金が必要になったときなど、専用ATMを探すのに苦労するかもしれません。
しかし、銀行のATMならかなりの数がありますから、困ることもないでしょう。

 

また、クレジットカードのATMは田舎にはなかったり、地方には少なかったりします。
利便性をやや欠きます。
ですから、クレジットカードのキャッシングは周りに専用ATMがあると分かっている場合にだけ付け足せばいいと思います。
もちろん、とりあえずキャッシング機能を付けておくというのでも大丈夫です。
とにかく、利便性の点から言ってわたしは、クレジットカードと銀行のカードなら、銀行のキャッシング機能の方をおすすめします。

 

また、限度額の設定もクレジットカードのキャッシング機能と同様です。
自分で設定できます。
こちらも、お金を使ってしまい安いと自分で思う人は、10万円に設定しておくことをおすすめします。


キャッシング申込時の審査

ところで、クレジットカードにせよ、銀行のキャッシュカードにせよ、キャッシングの借り入れ機能を追加する場合は、申し込みさえすれば必ずその機能をつけてもらえるわけではありません。
キャッシング機能の付与には審査が必要です。
現金を課しだしても大丈夫な人なのかを審査するのです。

 

これは消費者金融のカードローンでも同じことです。
何の審査もしないで、返済能力の乏しい人にまで貸し出していたら、返ってこなかったときにその会社は打撃を受けます。
ですから貸し出していいかどうかを審査します。
これはクレジットカードや銀行のキャッシュカードでも同じことですから、やはりキャッシング機能を申し込んだ人は、クレジットカード会社や銀行に審査をされます。

 

この審査にすんなり通ってクレジットカードや銀行のキャッシュカードが送られてくる場合もあります。
しかし、もっと細かく審査するために、直接会社から電話がかかってくることがあります。
不明な点をいくつか質問されます。
特に多いのが、何の仕事をしているかを聞かれます。
単純に会社員ではない場合に細かく聞かれることが多いようです。
私も電話で聞かれたことがあります。

 

しかし、よほどのことがないかぎりは、審査を通りますよ。


関連ページ

キャッシングの解説
今月ピンチだ!そんなときはキャッシング。キャッシングとは何かをご紹介。
消費者金融
今月ピンチ!そんなとき利用したい消費者金融のキャッシングを解説。