クレジットカードのキャッシングとは

ここではクレジットカードのキャッシングと、消費者金融のカードローンの違いを説明します。
まずはクレジットカードのキャッシングからです。

 

クレジットカードのキャッシングはわかりますでしょうか。
わからない方も多いようなので、まずクレジットカードのキャッシングが何かを説明します。
クレジットカードのキャッシングとは、クレジットカードに付属されている現金借り入れ機能です。
具体的にいいますと、クレジットカードを街にあるクレジットカードのATMに差し込むと、銀行のATMのように現金を引き出すことが出来るのです。
しかし、ここで「引き出す」という言い方を使うと、借金地獄に入ってしまう人がいるので、言い方には気をつけないといけません。

 

カンニングの竹山さんが番組でどうやって借金地獄に陥ったかを説明しているときに、カードローンで専用機から簡単にお金を借りられるので、それは自分の銀行からお金を「引き出している」感覚になっていったと言っていました。
たしかに私もクレジットカードと銀行のカードのキャッシング機能を利用して借り入れしていたことがありましたが、あまりにも簡単にATMからお金がでてくるので、借り入れしているという感覚が麻痺しかけたことがあります。
ですから私たちキャッシングを解説するものは「引き出す」という言葉を使わないように気をつけなければいけません。

 

つまり、クレジットカードに消費者金融の現金貸し出し機能が付け加わったようなものなのです。
特別カード自体は同じで、変わりません。


クレジットカードのキャッシングを利用するには

クレジットカードを申し込むときに、キャッシング機能を付けるかどうかを選ぶことが出来ます。
つけることを選ぶと同じカードですが、ATMでお金を借り入れすることが出来るようになります。

 

クレジットカードを申し込む際の申込用紙の下の方に、「キャッシングを利用する」をチェックする欄があります。
ここをチェックするとキャッシング機能を付けることが出来ます。

 

そして限度額を記入します。
限度額とは最大いくらまで借り入れ可能にするのか、自分で決めるのです。
お金にルーズな人はこの限度額を100万円とかにすると、後で自分の首を絞めることになるかもしれません。
私はこのキャッシング額が膨れて返済に苦労した思いがありますので、この枠は10万円までにしています。
10万円は最低額の設定です。
ですから5万円とかにはできないということです。
限度額の決定は人生を分ける重要なポイントになるかもしれないので、よく考えて決めましょう。
普通の生活をしている限り、そんなに多くの額を借りる必要はないとおもいますので、私は10万円にしておくべきかと思います。
ちなみに私はキャッシングの利用額が20万円になったことがあります。
私は普通の会社員で普通の給料をもらっていましたが、20万円の金額を返済するのに2年かかりました。
たかだか20万円と思うかもしれませんが、月30万円給料をもらっていても、完済までに2年かかりました。
ですから、甘くみない方がいいですよ。


関連ページ

キャッシングの申し込み
今月ピンチのときに利用するキャッシングの申し込み方法を解説。銀行キャッシングも解説。
消費者金融
今月ピンチ!そんなとき利用したい消費者金融のキャッシングを解説。